精神科医・和田秀樹の公式サイトです
有限会社 ヒデキ・ワダ・インスティテュート
〒113-0033 東京都文京区本郷3-21-12 RTビル101
TEL:03-5840-7613 FAX:03-3814-2784

コンテンツ
心理学について

 私は、現在、国際医療福祉大学大学院臨床心理学専攻において、臨床心理士志望の大学院生の指導を行っている。
  私自身の、研究テーマは精神分析学、とくにハインツ・コフートが創始した自己心理学で、1987年からこれを学び始め、また精神分析の研修のためにアメリカのカール・メニンガー精神医学校に3年間留学した。そして、現在でも3ヶ月に一度ロスアンジェルスに精神分析を学びに行き、ロバート・ストロロウ先生に師事している。
  現在の私の仕事上のテーマは、精神分析理論の高齢者への応用と、その他、(病気の治療だけでなく)心の健康保持への応用、またマネージメント、マーケティングなどへの応用である。これは、アメリカと比べて、心理学が日常生活に応用されておらず、実用的な学問になっていないという実感からだ。
ただ、現時点では、自分自身やスタッフのキャパシティの問題から、当面は、メンタルヘルス、とくに高齢者と中高年の、とくに経営者やエグゼクティブの人のメンタルヘルス事業に絞って活動を行いたいと思っている。
高齢者のメンタルヘルスも、あるいはアメリカ型の経営システムの導入で責任やストレスが重くなりながらアメリカと比べてエグゼクティブのメンタルヘルスのシステムが、まったくといっていいほど整備されていない現状があるからだ。
  具体的には、薬が必要な人や高齢者に対しては川崎幸クリニックで、私ではなく私がスーパーヴィジョンをする代わりにゆっくりと時間をとって行うカウンセリングは国際医療福祉大学の青山心理相談室で臨床を行っているが、さらに本年度からは、エグゼクティブのための、心と体の健康や様々な相談に乗れる個人オフィスを開業予定である。
開業が始まったら、本HP上で、真っ先に発表する予定なので、ぜひ注目してほしい。
 
(C) 2000-2010 Hideki Wada Institute,co All rights reserved.