精神科医・和田秀樹の公式サイトです
有限会社 ヒデキ・ワダ・インスティテュート
〒113-0033 東京都文京区本郷3-21-12 RTビル101
TEL:03-5840-7613 FAX:03-3814-2784

コンテンツ

高齢者問題とアンチエイジング

 1988年に浴風会病院に勤務して以来、老年精神医学が私の本職となった。
  実は、日本に高齢者専門の総合病院は当時も今も3つしかない。私が勤めていた当時は浴風会病院、東京都老人医療センター、東京都多摩老人医療センターだったが、その後、愛知県に国立の長寿医療センターができたが、多摩老人医療センターが高齢者専用でなくなったので、現在も三つである。
  しかし、高齢者専門の治療病院に勤めていると、高齢者がいかに心と体がリンクしているか(心が悪くなると体も悪くなるし、体が悪くなると心も悪くなる)、あるいは高齢者の治療のあるべき姿(血圧や血糖値をあまり低くしてはいけない、薬の使いすぎは体に悪いなど)を身にしみて実感する。にもかかわらず、高齢者にあるべき医療をできる老年専門医、総合的に診断治療のできる医師、あるいは高齢者向けの精神科医があまりに少ないのだ。
私自身、現在では臨床は川崎で週に一度、有料老人ホームのコンサルテーションを月に2度しか行っていないが、この世界で第一線にいられるのはそのためだろう。
  私自身、精神科の立場から、高齢者の医療のあり方を論じた『老人を殺すな!』(その後、講談社のプラスアルファ文庫で『間違いだらけの老人医療と介護』というタイトルで再刊)が各界からの注目を浴び、高齢者の医療の諸問題を論じる側の人間となったが、そのほか、高齢者の心の問題にも提言を続けているし、介護する家族の心のケアなど関心領域が広がっているし、実際の臨床も行っている(第二作目の映画は介護をテーマにしたいくらいだ)。
  いっぽうで、元気な高齢者に対する健康のあり方、特に心の健康法、あるいは、多少僭越だが、生き方などについて考える機会も増え、その手の提言も続けていきたいと考えています。99年にちくま新書から出した『わがまま老後のすすめ』はその第一弾といえる作品であるし、2006年に出した『人は感情から老化する』は10万部を超えるベストセラーになった。
  高齢者の問題を語るのに私が適任であるかはまだわかりませんが、それを専門にする人が少ない以上がんばり続ける所存である。
さらに、高齢者になってからの問題だけでなく、なる前のアンチエイジングや、高齢の親の抱えた方の諸問題、あるいは、二代目、三代目経営者のための親世代の財産管理(成年後見制度など)などにも、アドバイスを行える総合医療オフィスを開院予定である。
アンチエイジングについては、世界抗加齢医学会副会長のクロード・ショーシャー氏のもとに研修に行き、最新のアンチエイジング医療を提供できると自負している。
もちろん、高齢者の問題に関心をもつ後輩医師がいれば、どんな協力も惜しむつもりはない。

(C) 2000-2010 Hideki Wada Institute,co All rights reserved.