大往生 医者が考える最高の死に方と極意

大往生 医者が考える最高の死に方と極意

大往生 医者が考える最高の死に方と極意

最期に後悔したくなければ、自分勝手に生きなさい!大往生とは何か――。「ピンピンコロリ」で亡くなる直前まで元気に過ごす、認知症になったり貯金が底をついたりする前に潔くこの世を去るなど、メディアが喧伝するイメージばかりが独り歩きしているが、老年精神医学の第一人者である和田秀樹氏は「いちばん大事なのは、自らの“自己決定”を尊重した生き方ができていたかどうか」だと説く。人生の最期に後悔しないためには、もっと「自分勝手」になっていい。それこそが、「最高の死に方」につながる「最高の生き方」なのである。中高年世代必読の書!

>和田秀樹 こころと体のクリニック

和田秀樹 こころと体のクリニック

「和田秀樹 こころと体のクリニック」では、和田秀樹が医師として直接診療を行なっています。精神分析理論や森田療法、アドラー理論など、さまざまなメンタル・ヘルスの理論を長年学んできた経験に基づいて、効果的な診療を行います。

CTR IMG