不安に負けない気持ちの整理術

不安に負けない気持ちの整理術

不安にもコツがあります! 「毎日、イヤなニュースばかり…」「暗い気分になることが多くて…」 「不安な気持ちを消してしまいたい…」不安になってしまうのは誰にでもあることです。大切なのは、不安にならないことではなく、不安に振り回されないこと。そして、できないことに注目するのではなく、できることを見つけて、行動的に生きること。そのヒントが得られる1冊です。今こそ知っておきたい、日本人にあった「心の健康法」 世の中には「不安をなくす」という本があふれています。しかし、残念ながら不安感情を完全になくすことはできません。でも、不安に振り回されない生き方を選ぶことはできます。それが「不安を受け入れ、不安とともに生きる」という考え方です。こうした考え方を提唱したのが、精神科医の森田正馬です。森田が創設した森田療法では「不安をなくしたいと考えていると、不安は余計に増幅する」とし、不安をなくすのではなく、不安感情に対する態度や行動に注目するというアプローチをとります。「あるがまま」の自分を大切にして「今できること」をする――。その結果、苦しみから脱出することができるのです。 不安に振り回されず、毎日を行動的に生きるには 本書は精神科医・和田秀樹さんが、長年多数の著書で紹介してきた森田療法の考え方をベースにした「日本人にあった心の健康法」をわかりやすく実践しやすい図解版として1冊にまとめたものです。「不安と向き合う基本」から「不安に引きずられないコツ」「平常心で生きるコツ」「不安を力に変える習慣」まで、「不安とともに生きる考え方」がわかります。手軽に実践できる方法がたくさん紹介されているので、自分に合ったものから、今日すぐ実践できます。まずは少しだけ読んでみてください。不安を建設的なパワーに変える。きっかけが見つかるはずです。

>和田秀樹 こころと体のクリニック

和田秀樹 こころと体のクリニック

「和田秀樹 こころと体のクリニック」では、和田秀樹が医師として直接診療を行なっています。精神分析理論や森田療法、アドラー理論など、さまざまなメンタル・ヘルスの理論を長年学んできた経験に基づいて、効果的な診療を行います。

CTR IMG